MENU

日焼け止めクリームと飲む日焼け止めは併用すると効果があるの?

日焼け止めクリームと飲む日焼け止めは併用すると効果があるの?

飲む日焼け止めはカラダの内側から紫外線を防御するサプリとして美容に関心が強い女性の中で人気が急上昇しています。飲む日焼け止めだけでも効果は十分認められていますが、日焼け止めクリームと併用するとさらに効果が高まると言われています。

 

本当に日焼け止めクリームと飲む日焼け止めは併用すると効果がUPするのか?検証してみました。絶対日焼けしたくないって方は参考にしてみてください。

 

日焼け止めクリームと飲む日焼け止めは併用すると効果があるの?

結論から言うと「日焼け止めクリームと飲む日焼け止めは併用する」と効果は上がります!!

 

まずは、飲む日焼け止めがなぜ紫外線をブロックしてくれるのかを説明していきますね。

 

日焼け止めクリームと飲む日焼け止めは併用すると効果がある?【目次】

 

飲む日焼け止めの有効成分「ニュートロックスサン」が紫外線をブロック!

飲む日焼け止め 日焼け止めクリーム 画像

日本製の飲む日焼け止めに入っている有効成分は「ニュートロックスサン」です。天然成分「ニュートロックスサン」(成分表示では、「シトラス果実」「ローズマリー葉エキス」)は、植物性の天然ポリフェノールと呼ばれ、副作用もなく安心して飲用ができます。

 

ニュートロックスサンの効果が以下のモノです。

 

体を老化させる「活性酸素」を抑え酸化予防

紫外線によって体内で生成された「活性酸素」は体に必要なものですが、増えすぎると細胞にダメージを加えると言われています。ニュートロックスサンは増えすぎた「活性酸素」の取り除き、身体が錆びることを防ぎ、適切な量にコントロールする効果を持っています。

 

 

「抗炎症作用」で紫外線による光老化を予防

日焼けとは、紫外線によって皮膚が炎症を起こした状態のことを言います。ニュートロックスサンには抗炎症作用があり、紫外線による肌の炎症を抑えてくれる作用があります。また、肌老化のもっとも大きな原因と言われる「光老化」を予防するので、アンチエイジング効果も期待できます。

 

 

日焼け後のアフターケアにも効果を発揮

紫外線を浴びてしまった後に「飲む日焼け止め」を飲んでも、抗酸化効果が働くので、紫外線を浴びた後の『アフターケア』としても適しています。この抗酸化作用により「シミ」「そばかす」「シワ」「たるみ」ができるリスクを軽減してくれます。

 

 

ニュートロックスサンは紫外線を100%ブロックできない?!

 

日焼け止めクリームと飲む日焼け止めは併用すると効果があるの?

 

10年以上の歳月をかけてニュートロックスサンを開発した、スペインのミギュエル大学細胞生化学のニコル博士とモンテローザ社のデータによれば、16歳~60歳の被験者に1日に250mgの“ニュートロックスサン®”を摂取してもらい、その後紫外線照射実験を行ったところ、

 

飲み始めた1日目に比べ、85日目の測定では紫外線防護作用が約60%も現れたとのこと。

 

つまり、ニュートロックスサンを摂取すると約60%の紫外線をカットしてくれる効果があります!

 

『えっ?!100%じゃないの??』

 

って思った方は私以外にもいると思います。でも60%ブロックってけっこうすごい数字なんですよ♪次で説明します。

 

 

飲む日焼け止めの効果って実はけっこうすごい!

以下の表は、環境省が発表している紫外線のデータです。

 

紫外線の強さは緑色が一番低く

 

緑色<黄色<オレンジ<赤<むらさきの順に紫外線が強くなっています。

 

気象庁のデータでは「緑色以外は紫外線の影響を考えて行動」つまり「紫外線対策をしっかり行う」ように記載されています。

 

 

日焼け止めクリームと飲む日焼け止めは併用すると効果があるの?

 

データを一緒に見ていきましょう。紫外線の最も多い数値は、「赤色の7月の12時の時間で、その数値は10.2」を示しています。

 

これをニュートロックサン配合の飲む日焼け止めを摂取してた場合約60%カットしてくれるので、その数値は4.08の数値まで紫外線をカットしてくれます。

 

10.2×0.6(60%カット)=6.12(紫外線をブロック可能)
10.2-6.12=4.08(紫外線の量)

 

紫外線の最大量、一番降り注いでる時間に飲む日焼け止めを飲めば、肌に浴びる紫外線の量は3月並みの数値まで減らすことができるんです。

 

数値で見ると、これってけっこうすごいことですよね♪

 

ということは、紫外線が最大値の時に3月までの数値になるなら、紫外線がそこまで高くない日は、「飲む日焼け止め」だけでも十分オッケーってことがわかりますね。

 

絶対に日焼けしたくない人は日焼け止めクリームの併用で完全装備!

普通に生活している分には、「飲む日焼け止め」だけでも対応はできそうですが、真夏の時期の紫外線が最も強い日は、飲む日焼け止めを飲んでいても数値が4.08なので、

 

数値だけをみると紫外線対策が不十分…よって絶対焼けたくない人は「日焼け止めクリーム」を併用するのがいいですね。

 

紫外線が強い地域は注意!!

紫外線が強い地域(沖縄・ハワイ・グアム・等)は注意が必要です!!

 

日焼け止めクリームと飲む日焼け止めは併用すると効果があるの?

 

紫外線の最も多い数値は、「むらさき色の7月の13時の時間で、その数値は12.3」を示しています。

 

ニュートロックサン配合の飲む日焼け止めを摂取した場合でも、数値は4.92(約5.00)になります。大幅に紫外線をカットしてくれますが、数値だけを見ると不十分だということがわかりますよね。

 

やはり、紫外線が強い場所では、「日焼け止めクリームとの併用」が安心です。

 

もし紫外線を大量に浴びってしまった場合でも、飲む日焼け止めには、美容・美白成分もたっぷり配合されていますので、紫外線を浴びてしまった肌へのアフターケアもしっかりしてくれます。

 

以下のような口コミもたくさん見かけました。

 

 

日焼けをしてしまった肌に飲む日焼け止めを飲んでいたら、元の肌に戻るのが早くてビックリした!!

 

シミやそばかすになるのが怖かったけど、このサプリのおかげで不安がなくなりました♪


 

日焼け止めクリームと飲む日焼け止めは併用すると効果があるの?【まとめ】

飲む日焼け止めは紫外線を約60%カットしてくれるので、残りの40%を日焼け止めクリームで併用すると効果があがります!

 

紫外線に対して

絶対焼きたくない人

「飲む日焼け止め+日焼け止めクリーム」で体の中と外から紫外線を防御

 

小麦肌はけっこう好きだけどシミ・しわは作りたくない人

「飲む日焼け止め」で頭皮や目から入る紫外線をカット&体の中を老化させないカラダにする

 

がポイントかなと思います。

 

飲む日焼け止め 日焼け止めクリーム 画像

飲む日焼け止め 日焼け止めクリーム 画像